こころの日記

豆腐メンタル病人看護学生(クローン病:CD)

【ひとりごと】中3の時の小論文を発掘した。

実家の本棚をみたら、中学3年生の時に書いた小論文を見つけました。笑

高校受験に小論文があったので、小論文を書く練習をしてたんですよね。いきなり変な題名を1つ考えて、それでも慌てずに時間以内に文章を書けるか、というよく分からない練習をしていました。いま思えば効果はあったのだろうか、、。

 

面白い小論文を見つけたので紹介します。

題名は文章書く前にあらかじめ設定した無茶ぶりの題名です。

色々ツッコミどころもありますが、あたたかい目で見て、、😢笑

600字以内!

 

「食べるということ」について

 

   私は食べるということは、人間にとって生活に欠かせないものであると思う。なぜなら人間は食事をしなければ生きてはいけない、つまり食事とは命の源である。

   食事について深く考えてみると、人間の命は多くの生き物の犠牲から成り立っている。魚や牛、鳥といった動物だけではなく、野菜や果物などの植物も一生懸命生きていたが犠牲とされてしまった可哀想な生き物であると言える。このようにして考えてみると、私たちの命はとてつもなく多くの数の命によって支えられている一つの命である、ということが良く分かる。だから、人間はどんな時も一生懸命生きなければならない。頑張らなければならない。

   しかしこのようなことを毎日大まじめに考えて生きている人間は一体何人いるだろうか。私はほとんどいないと思う。少し考えれば食べるということのありがたみなんてすぐ気がつくことができるのだが、私たちは生活の中で気がつくことができない。私が今、気がつくことができたのは小論文を書く、という機会がたまたま与えられたからである。

   私は人にとって大切なことは、こういった何気ない日常の中にたくさんひそんでいると思う。ただちょっとしたことについて少し深く考えたりすることのできる、心の余裕がある人が人間として多くの事を見つけていると思う。私も人としての大切なことに気づけるような人間でありたい。

 

以上です!

途中からなんか脱線してるような。うん。でも少しいいこと書いてるじゃん。

 

最後に心の余裕をもって、大切なことに気づける人になりたい、みたいなこと書いてあるけど、、、、

ごめん、中3のわたし!

そんなこと1ミリも考えずに生きてたよ。

ただ時間に流されて何にも考えてなかったよ!笑

私は勉強とか、部活とか、誰かに与えられたしなければいけないことは割と自分からできる。自分が何をすべきなのか、とか考えなくていいから。決められたことを、大人に求められたことをするだけ。逆に休日とか何をしたらいいか分からない。平日はあんなに休日を楽しみに頑張るのに、休日にいざなると、寝て、YouTube見て、ご飯食べたら1日が終わっている。気がついたらすぐ休日は終わる。私がYouTubeを見るのは、きっとそれ以外に夢中になることや、面白いことがないからじゃないだろうか。

とにかく私は、ただ流れに任せて、特に何も考えずに生きてきたのです。

それは身体に余裕があっても、心に余裕がなかったからだろうか??

うーん。謎。

 

でも、心に余裕を持つって難しいですよね。

私は忙しくなると心も忙しくなって、余裕がなくなって、いっぱいいっぱいになってすぐ疲れて。時間に置いていかれそうになるから、ついて行くのにもう必死。いつも時間を追いかけている感じがする。

どんなに忙しくても、余裕のある人になりたい。大切なことを見落とさない人になりたい。どうすればいいんだろう。

探そう、考えよう。

ただ何となく流れに任せて生きるんじゃなくて、自分の生き方をきちんと自分で考えて生きたい。

 

うん、食べること、大事だね。

 

 

【クローン病】報告。だらだら語り。

ただいま、実家で安静にしております。

そう、ちょっと前に退院しました🎉🎉🎉

わーい!おめでとう!

みんな、スタンディング・オベーションありがとう!!笑

 

入院生活で活動量が減っていたこと、絶食のために痩せたこと、これらのために体力が激落ちしました。退院1日目は2~3時間に1回はベッドに横にならないときつかったです。階段は登れば息切れするし。正直、BMI16以下はおすすめしません。身体をちょっとぶつけるだけでとても痛いし、いくらなんでも細すぎです。笑

 

また、まだ絶食は続いており食事開始の目処が立っていません。これからもどんどん痩せていくでしょう。だから、学校はもう少しお休みして、家で軽くリハビリしています。それに病み上がりですぐに学校に行くのも心配でしたし、、。

 

食事なしでどこまで体力が回復するかは謎ですが、自信を持って学校に行けるようになるまでは、実家でゆっくりしようと思います。

でも、運動すればするほど痩せるますよね。絶食中だから、1日じっとしていても痩せるのに。

5月からエレンタール(栄養剤)生活をしているんですのですが、学校行っても乗り切れるだろうか。。同じクローン病の父親の経験上では、長期間エレンタールのみではめちゃくちゃきついから、倒れるかストレスですぐ再発する、とい言われました。

そんな、😭😭

これからどうなるんだろう。笑

もし経験者の方よろしかったら、率直なご意見ください😭

 

 

食事が始まるのが早いか、留年するのが早いか。

留年したくないなあ。

いま大学4年生で7月~9月さえ学校に行けば卒業できるんです。8月は夏休みだから休めると思うし、9月も全部は行かなくていいと思う。これで必修の単位は全部とれる。選択授業の単位はもうきっちりとっているというのに!

 

絶食中でも学校に行けるだけの体力がつくことを願う。上手くいったらリハビリのメニューを記事にしようかしら。

 

とりあえず、わたくし、かまぼこは、

\リアル☆ニート

 

【BOOK】大事なことは今も昔も一緒。

読書感想文!!(のはずが途中から語りだしてしまう。)

 

お江戸でござる (新潮文庫)

お江戸でござる (新潮文庫)

 

借り物だから私の趣味ではないが。笑

江戸時代、江戸に住む人々の暮らしが解説してある。

私の教養不足でさっぱりな部分もあった😢

お役人とか、制度とか、、笑

日本史の授業で覚えていたところは、

ああ!!ってなったけど。

 

江戸の人々は人情を大切にしたんだなぁって思った。一人ひとりが自由に生きていて、なんというか、すごく粋だ。冗談も好きみたいだし。これを読むと現代が少し窮屈に感じてしまう。

そして、プライドも大事にして生きていたんだな〜と感じた。過剰にプライドを持つのはちょっとあれだけど、自分の誇りを大切にするっていいなと思った。 

あと、江戸の人々の季節の流れと共に生きているところ、物を大切にするところが素敵だな〜。本にも書いてあったけど、江戸の人々は人間を高等生物?と考えずに自然の中の1つとして考えている。そういう気持ちからきているんだと思う。

こういうことって忘れちゃいけないと思う。

私はすぐ忘れそうだけど。笑

いや忘れるなよ。笑

 

それと、江戸の人々の生活を知って思ったけど、限られた物しかない生活なのに普通に楽しそう。人が生きるのに、物が少ない、多いは関係ないみたい。まあ、死ななくて安全に過ごせる程度の物品は必要不可欠だが。物がたくさんあれば豊かってわけじゃない。結局は自分で何をするか、どう生きるか、じゃないのかな。上手く言えないけど。

 

これについては、ちょっと本の感想から離れるけど、、、(とばして良し)

例えば、ずっと欲しかった服を買う。雑誌を買う。アクセサリー、靴、バック、何でもいい。欲しいものを手に入れると嬉しい気持ちになるし、それを使う時はウキウキになる。でもそれって買って数日しか続かない。新しい物を手に入れた、一時的な喜びでしかない。

私が将来働くようになって、お給料をゲットし、欲しいものをどんどん買えるようになったとする。休日になれば、欲しいものを買う。また、働く。欲しいものを手に入れるために。買う。働く。買う。働く。

初めは欲しいものを手に入れるためにモチベーションを持って働くと思う。でもきっと次第に虚無感でいっぱいになると思う。洋服のために、毎日毎日、忙殺されながら生きて、私は何をしてんだ?ってなりそう。

だがら、物以外に自分の生きる喜びとか、幸せとか、楽しさを見つけることが大切なんだと思う。物を手に入れる以外の生きがいがなければ、現代人は死んでしまう。生きていたとしても、心は満たされずに死んだように生きることになる。のではないだろうか。私はこうなりそうで怖くてしょうがない。今だってなぜか私の心は満たされていないような感覚だ。自分にどんなご褒美をあげても一時的にしか幸せになれない。いや、もう上に書いたような状態になってるわ!笑

でもどうしたらいいのか分からない。

イギリス?の有名なことわざであるじゃないですか。

一日幸せでいたければ床屋にいきなさい。
一週間幸せでいたければ車を買いなさい。
一ヶ月幸せでいたければ結婚しなさい。
一年幸せでいたければ家をかいなさい。
一生幸せでいたければ、正直でいなさい。

たまに、Twitterでも見ます。私が見た時はクレヨンしんちゃんのお父さんの名言として書いてあった。笑

そういうことなんかな~て思う。

でも私、割と素直だと思ってるんだけどなー!素直じゃないんかなー!どうしたらいいんかなー、うーん

分からない、難しい。

まあ、いっか、

いつか分かる日が、、来るよね、?笑

 

いつか平成時代の暮らしの本が出たら、「昔の人々は、スマートフォンという携帯電話を持ち歩き、離れたあらゆる人と情報共有をしたり、メッセージの交換を行いました。スマートフォンといえばSNSです。若者を中心に娯楽として人々に親しまれました。平成人の知恵の結晶ですね。」とか書かれるのかな。

平成人として時代の流れに乗ってSNS楽しんだ方がいいかもね。江戸の人みたいに楽しそうなこと、新しいこと、気になることはやっとこう!みたいな。気難しく考えない。

 呑み込まれるのはだめだけどね。あと悪用とか、人を傷つけるのもだめー。

【日常】日曜の夕方

 

超久しぶりにちびまる子ちゃんを見てる。

小学生ぶり。

 

懐かしすぎる😢💕

小学生の記憶がフラッシュバック

 

遊びから帰ってきたらよく見てたな

 

このままサザエさんも見よ。

入院中だから、サザエさん症候群になることもないから安心😌

【クローン病、?】だるだる

一昨日もあったのですが、今日は朝から謎の倦怠感に襲われています😂

きつくて5分以上は身体を起こしていられません。私だけ重力が他の人の2倍かかってる感じ。

今日はずっとベッドで寝ています。

だるくてだるくて、仕方がないです。

 

歩くと頭がふらふらです。倒れはしないけど、頭がぽーっとして足は力が入りません。歩くスピードはお年寄りです😂

 

熱もないし、血液検査も問題ないようで、、

原因不明です。

 

嘘だろ、これは尋常じゃないだるさだぞ。

 

 

 

 

【日常】これが本当の暇。

入院して1ヶ月ちょっとです。

気分が落ち込んだり、将来の不安を感じることが少なくなってきました。

学校に行ってた頃よりも、心がちょっぴり元気な気がします。なんだか軽い。

 

入院生活はまあ、暇っちゃ暇なのですが、読書をしたり、友達とLINEしたり、ナンクロしたりと、割と楽しんでいました。読書なんか忙しくて久しく出来ていなかったので、できて満足しています。むしろ、入院生活の方が楽しくて、退院したくない気持ちがありました。現実世界に帰りたくないなあ、と。

時間に追われない生活が幸せ。

今までずっとメンタル的に少し弱っていたので、いい休憩になりました。症状も落ち着いていたので、まるで、精神科病棟に入院して、作業療法をしているような感覚でした。

だから、暇であることを苦痛に感じたことはなかったし、私にはちょうど良かった。

 

だが、しかし、

今日、初めて入院生活が暇で少しだけつまんないな〜って思った。

 

おお!

少し前までは、もう少しこの生活が続いてほしいな~って思っていたのに。

やっぱり少しは心が回復してきたのかも💪

嬉しい。

この感じが続くといいな!

気まぐれじゃないといいな〜

 

 

 

【日常】お掃除のおばちゃん。

最近、お掃除のおばちゃんと世間話をする。

世間話っていっても、私のベッド周りを掃除してくださる、ほんの1分間くらい。

「今日は天気がいいね」とか、

「今日は暑いね」とか

「私は明日でやっと仕事休み。」

そんなレベル。

それが少しだけ楽しい。

 

この病棟に若い患者は私だけで、入院期間も長いから、当たり前なのかもしれないけど、私のことを覚えてくれているのも嬉しい。

廊下でたまにすれ違うと、

「あら、また会ったね。」って声をかけてくれる。

 

ふふ😌💓